枯れたと思ったエンドウに新芽を発見!と直立支柱の謎
梅
ご近所の紅梅が三分咲きです。
べてぃの周辺ではまずはベランダの白梅盆栽→道端の紅梅→白梅 と咲いて、春の足音を感じさせてくれます。
道端でこの紅梅が咲くのを見るのは、例年は一年で一番寒い頃です。でも今年はここ数日、暖かくて嬉しい~♡
このチャンスを逃してはいかん!と思い、昨日は久しぶりに頑張りましたよ、畑仕事。
寒くても雑草はどんどん増えて行くのです。特にトンネルの中は気温も高いので、雑草くんたちには天国。ホウレンソウよりも元気に雑草がわさわさしてました。

先日、枯れちゃいました...と書いたスナップエンドウは風よけネットをとってみるとこんな状態です。
枯れ枯れ
枯れちゃったのなら抜いてしまおうと、手をかけたところでよく見ると....

芽
おお~!!
根元から新しい芽が出てるじゃないですか!確かこの前見たときはこんなに沢山の緑が根本にはなかったはず。きっとあの時も小さい芽が出ていたのが、ここ数日の暖かさでぐぐっと大きくなったのでしょう。
良かった~。
そして植物の生命力はすごい。
残念ながらもう一株はやはり枯れていましたが、2株枯れたと思っていたのに1株生き残り、にこにこです。
早い
ただ今市民農園は区画によって状態バラバラ。
べてぃのように収穫だけ行っていて春に向けての動きはまだの区画が一番多い感じですが、中には夏に茂ったツル植物のツルがミイラになったまま放置されていたり、茄子のミイラが未だにぶら下がっていたりする区画も。
そんな中でもこんな区画もありました。
おお。
こんなの見ちゃうとあせるわ~。

既に春に向けて戦闘準備完了。ジャガイモ植え付け準備OK。いつでも来い!って感じです。
雑草の一本もないし、残渣のかけらもない...それにこの見事に直立した、長さ別に分類された支柱の管理。うむむ...ものすご~く几帳面な方のようです。それにしても直立の支柱はどうやって立ってるのか?風でお隣に倒れ込んだりしないのでしょうか?今度、どういう方式になっているのか、観察してきます。
スポンサーサイト
2014/02/03(Mon) | 菜園は今2014 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

こんにちは~
昨日は暖かでしたが、今外は雪が降ってます。
さて、この方きれいにしてますね。
聞かれもしないけど同じ方法をしているので、お答えします。
適当な長さの塩ビ管を半分くらい土の中に埋めて(安定させるため)使用します。便利ですよ~
お勧めします。
by: くろうさぎ * 2014/02/04 15:47 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

くろうさぎ様:おお!そうなのですか。塩ビ管利用....なるほど。
私が借りている市民農園では皆、横に寝かせて支柱管理されている中、この区画はあまりにもしゃきっと直立した支柱に驚きました。他で見たことなかったのですけど、もしかすると一般的な方法?場所もとらないし、きれいに管理できるから良いですね。重さがかかっても倒れないぐらいに塩ビ管を埋めることが出来れば良いってことですね。う~ん。私にはそこが問題かな。真似してみたいですけど...。
by: かみたけべてぃ * 2014/02/05 12:34 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/802-dd0d6f9f
前のページ ホームに戻る  次のページ