外にポケット沢山つけた、ショルダーバッグ完成しました
完成
エクセーヌにシュリンク加工で模様を出した面白い布を組み合わせたバッグ、完成です。
布は両方ともバッグの教室にあったもの。
布
布の世界は果てしなく広がる....こんな布もあるのですね。バッグの教室で初めて出会った布です。
わかりますか?黒いフラットな布の上にぼこぼこと3,4ミリも飛び出した部分がのっていて、凸凹がつくる陰影が独特の模様と雰囲気をつくっている布です。先生によると、シュリンク加工でこうなっているとか。普通の布をシュリンク加工するためのシートもあるとかで、今度使ってみようと思っています。
布も手芸グッズも果てしなく新しいものが生まれているようで、終わりのない世界ですね~。だから楽しい。

ポケット前に書いたとおり、バッグの中をかき回さなくても携帯とパスケース、マスク、ペンなどが即取り出せるように、外にポケットが沢山ついているバッグは今やべてぃには必需品です。
片面を縦二つに真ん中で分けてポケット二つあります。写真の面は携帯とパスケースを入れる用。
裏側も同じように二つポケットをつけたので、そちらは冬の電車の必需品、マスク入れとペン、ガム、のど飴を収納。

先日作ったゼブラ柄のバッグはちょっとポケットが浅かったので、今回は深めにしてみました。写真では上の方に引き出してますが、底部分まで全部ポケットなので、携帯もパスケースもペンも縦に入れてすっぽり隠れます。
これでバッグの外に入れていても落ちたり、盗難にあったりはしないはず。

バッグのサイズは肩にかけて脇の下にぴったり納まるサイズにしてみました。
自分の活用方法にあわせて、自分の体サイズにぴったりのものが作れるのがバッグを自分でつくることのメリットです。布のバッグは軽いし。

内側
内側とポケットの内側はピンクにしてみました。
玉ねぎ
全然関係ないですが、昨日は東京にも雪が。
夜中にちょっと降ったりはしたのですが、ああ~雪が降ってる!と目で確認したのはこのシーズン初です。短時間だったので、朝起きたら融けてるね~と思っていたら、やはり夜中の気温が低かったのですね。シャーベット状になって、ベランダのあちこちに残っていました。
春を待っている玉ねぎのプランターはこんな状態。今週は大寒波到来でえらく寒いようですが、既に立春越えて、春はすぐそこのはず。畑、頑張らねば~。
スポンサーサイト
2014/02/05(Wed) | ちくちくお裁縫2014 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/804-a01c4826
前のページ ホームに戻る  次のページ