空豆のオハグロ化 と ゴルゴ食べ方研究
そらまめ
5月8日の初収穫以来、ほぼ毎日べてぃの夕飯のビールのつまみとして収穫が続いているソラマメはほぼ終盤。
昨日の収穫は皮をむいてみるとこんな感じです。
オハグロ部分がオハグロってるのと、未だ黄緑でやわやわしているのが入り混じってます。これまでの収穫は全部が緑でした。目につくところから収穫しちゃってたので、奥の方に既に収穫可能状態になっていたのにべてぃが気づかずに古株になっちゃったのがあったのかも。
一緒に茹でて食べてみると、食べた感じが全く違いました。
オハグロになってない若者は皮まで柔らかいし、勿論内側の実も柔らかくて甘さが強いです。比べるとオハグロさんは硬くて甘味が少ない。ま、一緒に食べて比較しちゃうからなんですけどね。オハグロさんだけを食べたのなら、ああ、なんて美味しいソラマメさんなんでしょう!と思ったはずです。
ごるご
ゴルゴはぐるぐるが出来たので、大きくなったのから収穫しています。
巨大に育ったうちわみたいな葉っぱも食べられるので、ゴルゴの玉をある数収穫するとその何倍もの葉っぱがついてきます。葉っぱは大きいけれど柔らかくて、炒めると美味しいので、一つで二回楽しめる野菜です。
レンジ
まとめて収穫したので、食べ方研究してみました......な~んて言っても超簡単なのだけですが。
まずは丸のまま電子レンジでチン。
前回はスライスした状態で茹でたら色が悪くなったので、丸のままゆでてみようと思ったのですが、茹でなくてもレンジで大丈夫か?と思い、簡単なレンジでチンで。
すると、なんと見事に途中でバスっという音がして割れちゃいました。
右側のナルト状のに割れがあるのはそのせいです。
右半分がぐるぐるが出るように茎に対して平行にスライスしたもの。左は垂直にスライスしたものです。
一個しかチンしなかったので、垂直の方は下半分だけなので中途半端な模様。
gorugo
そしてもう一品。
薄くスライスして塩をしてしばらく水分抜いてから甘酢につけたものです。
やはりゴルゴは生が美しいようです。レンジでチンでもかなり色が変わって鮮やかさが失われました。生のゴルゴはこんなに鮮やかな赤白。独特の土臭い味も甘酢漬けにすると食べやすくなりました。
一つの野菜で紅白なます完成。
スポンサーサイト
2014/05/25(Sun) | 菜園は今2014 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/842-aebc65d1
前のページ ホームに戻る  次のページ