麻紐でグリーンカーテン用のネットを編んでみたら、結構良いです
5
リビングの窓の前に植えたゴーヤ、インゲン、朝顔、フウセンカズラ。グリーンカーテン要員です。
インゲン植えるとコガネムシがぶんぶんやってくるかも....という心配はちょっとあるのですが、引っ越して来た当初に手持ちで苗があったもので、ツル植物ってことで、つい植えちゃいました。
どの子もめきめき育ってきて、ツルを出してるので早くネットを.....と、普通の化繊のネットを張ろうかとも思ったのですが、どうせなら、去年市民農園の他の区画で見たあれを試してみようと思いつき、作ってみたのが麻紐のネットです。
上の写真で張ってあるのが完成品です。

麻紐なら、シーズン終わってカーテン撤去する時に、苦労してツルをほどいてネットをはずさなくても、ネットごと堆肥にしちゃえます。それにサイズが小さかったら、縦横に編み足してサイズ調整することも簡単。
作ってみてわかったのですけど、これは結構良いかも~♡

1
人のものを見た時には、ものすごく根気がいるのでは?と思いましたが、やってみると結構簡単でした。
材料は百円ショップで買った麻紐。
まずは作りたいネットの縦長+結び目分の余裕分として20センチぐらいの紐を作りたい幅になる本数用意します。
もうおわかりかと思いますが、べてぃはこういう時にきちんと定規をあてて計測したりする性格ではござりませぬ。
リビングのフローリングの目を使って編むことにします。
床に紐を並べてみると、フローリング二枚分の幅はちょっとネットの目は粗いですが許容範囲なので、二枚ごとに紐一本置いてみます。

2
そして横糸を結んで行きます。
結び方は適当。
フローリング二枚幅に合わせて、正方形になるようにどんどん結んでいきます。勿論、正方形がひし形になっちゃったり、段によっては長方形になっちゃったりと、色々発生しますが、ま、どうせ緑に覆われるわけなので、気にしない気にしない。
自分の二本の足とお裁縫用の重りを使いながらやって行くと、そんなに変な形にもならず編んで行けました。

3完成。

そしてこれを支柱に結んで植物たちを誘引したのが一番最初の写真です。

ネットを張って一週間ほど経過。ゴーヤの脇芽も何本か出てきて、カーテン化しつつあるところに来たのが超強力台風。
ひぇ~。ニュースで色々なところに大きな被害をもたらしているのは散々見聞きしました。何せ今まではマンション暮らしだったので、台風と言っても特に準備するようなこともなく、できるだけ外出せずに家の中で台風を待ち受けるぐらいでしたが、今は一戸建て暮らし。それも結構年期の入った家なので、風が拭くと家中色んなところから音が聞こえてきます。
ご近所もあることだし、万が一、うちから飛んで行ったものでご近所に被害が出たりしたら大変なことになる.....と、とにかく庭にある物は全撤去。
6
最後まで迷ったのがこのネットです。せっかく設置したのに.....と。
でも支柱は置いてあるだけのものなので、もしかすると飛んでいくかも....と、最後の最後に不安になり、ネットをはずし、支柱も倒して台風に備えました。

朝起きたら最初のニュースは「台風、たった今、富津に再上陸しました」とのこと。
え、富津??....どんな強風大雨がやってくるのか?と、雨戸もシャッターも開けることなく、暗い中で待っていても風の音一つせず。これはもしや「台風の目」に入っているのでは?としばらく待っても変わらず。
結局そのまま晴れて行って洗濯日和になったわけですが、いったいどういうこと?不思議です。
まぁ被害はなかったので良かったです。

支柱とネット、張りなおさねば。
スポンサーサイト
2014/07/11(Fri) | 菜園は今2014 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/859-e9613310
前のページ ホームに戻る  次のページ