水仙開花、でも問題点が...
水仙
花壇を作った時に一度掘ったのに残っていたらしい球根から咲いた水仙。
アメリカンブルーのブッシュの間からすくっと一株だけ立った姿が凛々しいです。
花
花はこんな感じ。
一口で水仙と言っても色んな種類があります。今まで育てた水仙は年を越してから咲くと思っていましたが、この種類は早々とこの時期に咲くのですね。
実は...
背中
球根をガレージで保管している間に他に先駆けて早々と芽が出たものを広縁の前の野菜の畝の隙間に植えました。
春一番に咲く花を縁側に座って、渋茶すすりながら愛でようと。
葉の形状からするとやはりここに植えた早発芽組は皆、水仙でした。でも水仙と言っても種類は複数のようで、早々と一株だけ開花。アメリカンブルーの中で咲いてるのと同じ花です。
おお~、咲いた咲いた!と喜んだ半面、一つ問題が!
背中向けてるんですよ~、縁側に。

そうか!そうですよね!花って太陽の方向いて咲くんですよ。それはベランダガーデナーの時代に散々体験してきたことなのに、すっかり失念していました。むむむ。
べてぃの家は真南向きで、家の南側にほぼ正方形の庭がついています。つまり縁側の真南に水仙はあり、南向いて咲く花は全部、上の写真みたいに縁側に背中向けて咲くことになります。が~ん。
マヌケであります。
レタス
ちなみに水仙が顔を向けてる目の前のビニールトンネルの中にはロメインレタスが着々成長中。
やはり温かいのですね。結構良いスピードで成長しています。
流石にこの寒さになるとヨトウムシはいなくなったので、トンネルはかけたきり、放置です。
群
水仙軍団はただ今この状態。
この子たちはどっち向いて咲くんでしょう??実はこのエリアは日照時間がえらく短いんです。水仙は日陰でも大丈夫のはずなので、この日当たり悪い場所の有効活用としてまとめて植えてみたのですが、毎日見ていると最近は朝の一時間ぐらい直射日光が当たるだけで、後は明るい日陰って感じです。
葉っぱはすくすく育っているので日陰であることは問題ないと思うのですが、さて、どっちを向くのか?
やはり直射日光が当たる方向の東ですかね?
実験実験。結果が楽しみです。
手前の黄色はパンジーです。短時間の日照でもパンジー頑張ってます。
サフラン
そしてサフランの花は終了しました。
10球の球根から採れた雌しべはこれだけです。
グラム数測るだけの量もない感じ。さてこれでどんな料理ができるのか?
料理したらまたご報告します。
スポンサーサイト
2014/12/06(Sat) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/919-12cc7cde
前のページ ホームに戻る  次のページ