縮緬キャベツのサボイ初収穫
梅
庭の梅の木は今や葉っぱもゼロになって寂しい姿ですが、よく見ると蕾がふくらみ始めていました。
リビングのすぐ前にある木です。咲いたらきっと良い香りが楽しめるはず。
さて、何色の花が咲くんでしょうね~。楽しみです(^^)
梅
実は南隣のお宅の庭には巨大な木が。
夏の間は葉が茂っていたので、そのお宅の向こうがどうなっているのか全く見えなかったのに、今や丸坊主。その結果、もう一つ南側のお宅の窓とうちの窓が向かいあっていることとか、夏には気が付かなかったことが沢山わかってきました。
この巨木もべてぃの目がよほど曇っていなければ梅です。
これだけの木にいっぱい花が咲いたらどんな状態なんでしょう?こちらも楽しみ♡ そして何色の花かな~。

一番寒い時期に咲くので、窓をあけて香りを部屋に呼び込むのは無理そうですが、厚着して畑仕事しながら梅の香を楽しむのも風流です~。

きゃべつ
そしてキャベツ、初収穫しました。
品種は縮緬キャベツの「サボイ」。
よくあるキャベツよりも葉っぱがボコボコ凹凸が激しい品種です。どうせ植えるなら珍しいのにしようと思って選択。
でも出来上がりは思ったほど縮緬になってません~。育て方の問題?

さぼい
ちょっと小ぶりでまん丸な形。
小ぶりな品種なのか、べてぃの育て方の問題で小さいのかは??ですが、何せあのヨトウムシとの激戦を制しての収穫なので、嬉しさヒトシオです。実は去年までも白菜は育てていたのですがキャベツは初体験なんです。菜園の面積が増えた分、育てられる品種も増えた結果です。
このキャベツも白菜同様、中に虫がいるんじゃないか?という疑念から解放されないので、外側は何枚か一枚ずつむしって使用。その段階で大丈夫そうだったので....
naka
思い切って半分にカットしてみました。
やった~。ヨトウムシ本体も勿論おらず、名残のフンの様子もゼロです。虫とりしてはシャワーでジャージャー洗った成果はあったようです。
でも軸の様子からすると、ちょっと収穫期が遅かったかも。
初めての野菜は育て方も収穫も手探りです。
そとば
玉部分では普通のキャベツとの違いが強く感じられませんが、外葉はこんな感じでかなりぼこぼこしています。

いよいよ日照時間も短くなり、野菜の成長は遅くなり、寒いの苦手のべてぃの畑仕事は伸ばし伸ばしに...。
先日書いて以来、南の塀際のヤブガラシとドクダミ退治作業には手がついていないのですよ~。こうやってぐずぐずしている内にフキは地下でフキのとうの準備していそうで、もうタイムリミットかも...でも今やっておかないと来年もヤブガラシとドクダミに悩むことになる....と考えているうちに時間がたっていきます。
スポンサーサイト
2014/12/17(Wed) | 菜園は今2014 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/923-aabc731a
前のページ ホームに戻る  次のページ