白梅、イチゴ、ネジバナ。春の兆し色々。
ume
東京から連れてきた白梅盆栽の蕾の先から白い花が見えるようになりました。
去年はクリスマス前に咲いたこの鉢。
12月に取り上げた時には「ちょうどお正月に咲きそう」などと書いちゃいましたが、見積もりが甘い!未だこの状態です。霜が降る日も多い中、地べたに置いてある今の状況は、冬でもコンクリートの蓄熱で気温の高いベランダとは変化の様子が全然違いますね。ベランダだったら、この先っぽから白いのが見えるようになったら、お天気良かったら次の日には花が開いていたのですが、今年はこの状態になって既に数日たっています。
さて、いつ咲くのか?
ちなみに地植えの梅の木の蕾は未だ硬くて小さい状態です。

ネジバナ
そして今年も葉っぱが大きくなってきました♡ ネジバナ。
白梅盆栽の足下です。数年前、忽然とベランダの鉢に現れた二株のネジバナ。以降、毎年、シーズン終わりに種が出来たのを適当に色んな鉢に蒔いたら翌年出てきた株の一つです。普通の草花と違って種を蒔いても発芽率が低くて、なかなか思うように増えてくれません。他に引っ越しの時に土を整理した鉢から庭に移植した株もあるのですが、ちゃんと根付いてくれるか?とりあえずこの一株だけでも大丈夫そうなので安心しました。
引っ越しによる環境変化は植物にも影響大のはずですから。
いちご
そしてホットキャップを二枚掛けにして特別待遇で育てているイチゴちゃんに変化が。
この子も12月の早い時期に「クリスマスに自家製イチゴが食べられるかも~♡」などど、見積もりの甘いことを書いたイチゴと同じものです。
既に実がついてからどのぐらいの日数がたったのでしょう?記憶にないぐらい前から変化がない....と思っていたのですが、今朝見てみると、玉がちょっと大きくなって先がほんのりピンクになっているじゃないですか!
赤い

おお!!
もしかすると食べられる状態にならずに終わるのかも?と弱気になったりしていたのですが、この調子なら大丈夫そうです。嬉しい。

年が改まって、菜園に直射日光が当たる時間が確実に長くなっています。
その変化を植物はちゃんと受け取ってるんですね~。
今朝も庭は全面真っ白の霜霜でしたが、季節は着実に前に進んでいるのが植物を通して感じられます。


スポンサーサイト
2015/01/19(Mon) | 菜園は今2015 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/932-5cd3480e
前のページ ホームに戻る  次のページ