変わり模様の水玉布で作った「カルピスシャツ」
まえ
お裁縫教室で先生に教わりながら作ったものとしての最新作です。

同じ教室の友人には「カルピスシャツ」と呼ばれています。
確かに~。カルピスの包装ってこんな感じ?あ、もしかすると白と青の配色が逆かも。

本格的な男性物のワイシャツと同じ縫い方に初めて挑戦しました。袖口の処理と裏側の縫い代の処理がポイント。初めて「折伏せ縫い」という縫い方で縫い代を処理しています。男性物のワイシャツの裏を見ていただければわかりますが、裏側も縫い代が見えないように細工してあるので、上に羽織って着ていて脱いで裏側が人に見えても美しい、そんな縫い方です。
でもこのシャツで力を入れたのは縫い方以上に布の合わせ方なんです。

うしろ
後ろはこう。
右三分の一が白いのは、別にそこで布をはぎ合わせたわけではなくて、こういう布を使っています。

布
元の布はこれ。
写真右端の白い部分からだんだん青が多くなり、水玉も小さくなって左側の白い部分までが一模様。これが繰り返される布でした。これも布バーゲンで一切れいくらで買ったもので、恐らく元はこの一模様で何か一着作った残りのはずです。

一昨年の夏に夏物のワンピースを作ったのですが、この特徴的な模様をうまく活かすことができなかったのに悔いが残りました。
その時作ったのがこれ。

前余りに個性的な布なので、この布だけで洋服を作る自身がなくて、相性の良い紺の布と組み合わせてみました。


後ろ
折角の模様なのにこれ以上活用のイメージがわかなかったので、出来上がりはう~ん。イマイチ...と思いつつ、残りの布は保管してありました。
で、ある時気づいたのですよ。布は縦に使うばかりが正しいのではない!縦だって横だって模様重視で組み合わせてみたらもっと面白いものになるはずである!と。

で、その結果が今回作ったシャツです。
お裁縫の基本のキとして「布目は縦に使う」というルールがありますが、そんなに横のびする布でもないし、自分が着るものだし...ということで、縦横無視&水玉が全身に様々にばらけて出るように工夫して布をカットして組み合わせてみました。
普通、身頃や袖など左右対称のパーツは二枚合わせてカットするのですが、そんなことしたら左右対称な模様になっちゃうので、今回は全パーツを一枚ずつ、完成の組み合わせをイメージしながら時間かけてカットして行きました。

3
そうやってできたのがこれ。
見る角度によって全く模様が違って見えるように布をあわせてみました。

左

後ろ
右

前
手間はかかりましたが、絶対にどこにも売ってない自分だけのシャツが出来たのがちょっと嬉しい~♡
シャツの季節はまだ少し先ですけど、春に着る服を用意して、春はまだかなぁ~と心待ちにするのもまた楽し...です。

スポンサーサイト
2015/02/05(Thu) | ちくちくお裁縫2015 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
--おしゃれ--

すごくお洒落なシャツ。
流行には全く疎いのだけど、先日の青が流行という記事を読んだ後に廻りを見てみると、確かにあの鮮やかな青を着ている人が。

このシャツも、色といいいデザインといい、春にはふさわしい。こちらは既に春の陽気だけど、そちらはまだかな。
by: OKCfan * 2015/02/05 15:36 * URL [ 編集] | page top↑
----

へ~(私はよく感嘆詩を使う)なんかすごいな・・・
いくつになっても誰かに教わるってエライな・・・
それにしても斬新な柄でこれこそ世界で一枚だけのシャツ、かっこいいなあ~
と褒めちぎる・・・
と読んでも、私はちっともやってみようという気にならないのです。
次も期待していますよ、へへへ
by: くろうさぎ * 2015/02/05 17:38 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: おしゃれ--

OKCfan様:ありがとう~!! そちらはもう春の陽気なのね。関東は昨日は大雪の予報がはずれて超冷たい雨でした。日照時間は長くなってるけど、立春迎えた後のしばらくが日本では一番寒い日々なので、まだまだ春の陽気には遠い感じです。でも日が長くなると気分はちょっと春めきます。
by: かみたけべてぃ * 2015/02/06 11:06 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

くろうさぎ様:ははは。私も感嘆詞だらけです(^^)
くろうさぎさんはお仕事が忙しいので習い事で時間をつぶす必要はなさそうですが、時間たっぷりあると、習い事は有意義な時間つぶしなんですよ~。私、暇なもので何かもっと面白い暇つぶしはないか?といつも物色中です。
by: かみたけべてぃ * 2015/02/06 11:16 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/937-6a895388
前のページ ホームに戻る  次のページ